タスクがいっぱい溜まって気になってきたら、やるべきことは一つ

毎日、たくさんのやるべきことがリストアップされています。
それらに取り組み始めていると、新たなやるべきことがどんどん追加される。
なんの、負けてたまるかと、処理を加速し、なんとか1日を乗り切る。

多くの人も同じような状況ないでしょうか。

でも、忙しい日が続いて精神的に疲れてくると、小さな仕事が増えただけでも呆然と立ち尽くしてしまうことがあります。
最近私はよくそのような精神状態になり、一瞬時が止まるような、血がさーっとひくような感覚に襲われることがよくありました。

しんどいですよね。

そんな時にやるべきことはひとつ。
ひとつのタスクに集中する。
今できることに集中する。

今読んでいるメンタルトレーニングの本や、少し前の日経新聞記事でも、同じことが紹介されていました。

これはゲシュタルト療法というきちんとした方法らしいですが、
今できることをしっかりとやり遂げていき、
その積み重ねが今に活かせる過去を作っていく。
エネルギーが充填され、過去や未来を今に活かせるようになってくる。
という考え方だそうです。

確かに、とにかく一つのことに集中したり、
まずやってみると、
思わないことが起こってその後の事態が好転したりすることもあります。
少なくとも、少し進んだという小さな満足感も得られます。

しんどいときは「今できることに集中」して、
押し寄せてくるタスクの群れに負けないように、対応していきたいと思っています。

Check4Lifeはこちらです