Check4Lifeだけでタスク管理、1年経過の感想は「満足!」

私は長年、Time/Systemやフランクリンプランナーを使っていた手帳派ですが、
今ではタスクはCheck4Life、スケジュールはGoogle Calendarで管理しています。

管理スタイルを変えたのが昨年の9月5日なので、ちょうど1年

振り返ってみると。

  • いつでもどこでも(手帳を持っていなくても)、タスクをチェックできる。
    思いついた時に、タスクを追加できる。気づきをメモできる。これはスゴく精神的に楽。
    (スマートフォンは必ず持ってますからね)
  • 毎朝、タスクリストを見て並べ替えるだけなので、時間的に楽になった。
     手帳の時は毎日20〜30のタスクを全て書いていたのです。
  • 自分のミッションや価値観を、毎日見て意識できるようになった。
     (Check4Lifeのコンセプトなので、当然なのですが)
  • Check4Lifeの改善すべき点に気づくようになった。
     (開発者としてとても大切!)
  • 最初は、手帳という実体が無いので、ちょっと不安だった。
     (慣れるのに少々時間がかかりました)

手帳と比較して大きな不具合も無く、メリットが目立つ結果で、やってよかったと思います。

ほかには、

  • 万年筆のインクの消費が劇的に少なくなった。
     (ちょっと悲しい)
  • 鞄が軽くなった。別の荷物を持ち運べるようになった。
     (モバイルバッテリーやケーブルを入れてます)
  • 手帳代がかからなくなった。

など、感じています。
当然のことながら、引き続きメインツールとして、
Check4Lifeを使ってどんどん改良したいと思います。

ちなみに、メモ用としては、
ツバメノートを利用しています。