自分が面白いと思うものを世に出す会社、イマジニア。

企業・個人のミッション・価値観を通じて、自分自身を考えましょう。

昔、シムシティに夢中になったことがありますが、パソコン版を発売していた会社が「イマジニア」。「藤沢久美の社長トーク」に、イマジニアの神藏孝之社長が出演されていました。

14042801.jpg

トークの中でとくに心に残ったのは、
世の中に無いもの、自分が面白いと思うものを世の中に出す
諦めないとそのうちあたる
という言葉です。

「基準は自分が面白いと思うもの」というのが、とても勇気づけられました。

その作品を、自分がどう思うか。
もちろん他の人がどう思うかということも大切なのですが、
まずは自分のセンスを信じていけばいいわけです。

そしてその次の「諦めないとそのうちあたる」という言葉。
諦めなければ、なんとかなるというメッセージですね。

松下幸之助さんも、
成功の秘訣は、成功するまでやり続けること
といわれています。

自分のセンスを信じて、
諦めずにいきたいと思います。

イマジニア