納得して楽しく、毎日続けられるものを見つけたい

日経新聞電子版の「経営者ブログ」で執筆されている鈴木幸一さん(IIJ会長)の記事、お気に入りの一つです。

14040901.jpg

3月25日の記事「努力できる才能こそ」の中で、

「努力を続けていると、努力をするというもっとも大切な才能を得ることができるのだ」

ということを書かれていました。

以前受けた研修で、
休日はずっと課題本を読んだりレポートを書いたりしたことがあります。
ゴールの先の結果を得たくて、2年近く続けることができました。

そしてこの研修で何より素晴らしい収穫は、
そのあとも「休日に何かをする習慣」がついたことです。

「何のために努力するのか?」が明確だったために続けることができ、
習慣が得られたのだと思います。
この習慣を続ければ、「努力する才能」を、私も得ることができるのかもしれません。

「何のために努力するのか?」
もっといえば、
「何のために、何をするのか?」
は、自分のミッションや、価値観、目標と深くつながっています。
それらが明確であれば、自然と継続して取り組むことができるのではないかと思います。

努力というと苦しいというイメージがありますが、
納得して楽しく毎日続けられるものを見つけ、
毎日取り組んでいたいですね。